メニュー

移動販売を はじめたい! Let’s start mobile catering vehicles !

イベントや日常生活に定着化した移動販売。その将来性や可能性は無限大です。
ここでは、移動販売のはじめ方を分かりやすく解説します。

移動販売の醍醐味 The best part

移動販売の醍醐味のイメージ写真

食品スーパーやホームセンターなどの商業施設だけでなく、オフィスビルの下や屋外イベントでも頻繁に出店している移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)。東京都の移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)の登録台数は、1993年度から2013年度の20年間で395台から2734台と7倍近くも増加しました。移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)を運営している多くの人は個人事業主。
無数にある仕事の中から移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)を選ぶ理由は一体何なのでしょうか。
その醍醐味に迫りたいと思います。

自由

近年、多くの企業が採用活動の場で「ライフワークバランス」という表現を使って、仕事と生活のバランスを取れた働き方ができることをアピールポイントとしています。「家族や個人の時間を大切できる仕事」「自分のペースで自由に稼げる仕事」を求める人が多くなっている証拠です。世の中には、無数の働き方がありますが、自由というキーワードで観た時に、移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)は自由を最も実現できる働き方の一つでしょう。「自由に働くことができる」これこそ最大の魅力です。

「何を売りたいか」「どんな車で売りたいか」はもちろんのこと、「いつ出店するか」「週何日出店するか」「どこで出店するか」すべて自分自身で決めることができます。

週末のイベントを収益源としている方の中には、平日は材料の調達などの準備に当てて、平日の出店はほとんどしない方もいます。また、平日は会社勤めをして、週末に副業として出店をされている方も多数います。
休みの取り方ももちろん自由。ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始の稼ぎ時に集中的に出店し稼ぎ、その後に大型連休を取って旅行や趣味に没頭するといったことが可能なのです。

稼ぐ

日本固有の終身雇用制度が崩壊した今、「自分で稼ぐ」ことを選択することは決して珍しいことではなくなり、また他人事でも無くなりました。 移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)の登録台数が年々増加していることも、今の日本社会を反映している証拠の一つだと考えられます。

移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)の収益モデルはシンプルです。
1日の売上(客数×客単価)×営業日数=1ヶ月の売上です。
売上から、材料費を引いたものが粗利益。粗利益から、場所代、車両代、駐車場代、ガソリン代、光熱費などの経費を引くと営業利益が求められます。そして、営業利益の中から、運転資金を引いたものが会社員の月給に相当する収入となります。
一日一日の積み重ねである以上、売れる場所を確保し、集客力を上げるための工夫を凝らし、回転率を上げていくことが移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)を続けていくための生命線です。

必要とする収入から売上の目標を設定し、それを達成するために「どこで」「何日」「どれだけ」売れば良いのか作戦を立て、ダイナミックに実行していく。受け身ではなく攻める働き方ができるのが移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)の醍醐味です。

ライフワーク

「いつかは自分の店をもちたい」と夢を描く人は無数にいます。しかし、固定店舗で始めようとすると様々な壁に直面し、頓挫する人がほとんどでしょう。一番の壁は資金面です。店を構えるだけで少なく見積もっても1,000万円は掛かってしまいます。
一方、移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)の場合、お店となるは不動産ではなく車両です。車種や改造内容によって変わりますが、200万円〜500万円程度が相場です。低資金で開業することができるのも魅力の一つです。

また、開業後に発生する経費をみると、移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)は固定店舗と比較すると固定費の割合が少ないことが分かります。
固定店舗では固定費が高額になるため損益分岐点も高くなります。そのため年を重ね体力的に厳しくなって「休みたくても休めない」いう問題が起こります。それに対し、移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)は固定費が少ないため損益分岐点が低くなりますので、自分の体力と相談しながら続けやすいビジネスといえます。

自身の経済状況や体力に合わせた働き方ができる移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)は、超高齢社会となった今、第二の人生の選択肢として今後ますます注目を集めることでしょう。

移動販売のはじめ方 How to start

移動販売のはじめ方のイメージ写真

独立は大きな決断を下す訳ですから慎重に。でも夢に向かって大胆に動いていきたいところです。
ここでは開業までの道のりを紹介します。

① 売るモノを決める

胸を張って与えられるメニュー(サービス)は一体何なのか。真剣に考えましょう。
その上で、ニーズがあって、採算が合うものなのかどうかも考えなければなりません。移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)が多く集まるイベントに出掛けて目を養うことも大切です。「百聞は一見に如かず」です。
なお、一部の地域を除き生ものは原則扱えません。詳細は保健所に相談を。

② 資金を作る

開業時に1000万円は必要される固定店舗と比較すると、3分の1程度で開業できるのが移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)。とは言っても300万円近くの大金です。
日本政策金融公庫では、飲食業で独立する人に対しての融資制度が充実しています。その他、自治体によっては助成金や補助金制度を設けているところもあります。
一人で考え込まずに、まずは窓口に相談にいきましょう。
◆日本政策金融公庫ホームページ https://www.jfc.go.jp

③ 移動販売車を用意する

資金の目処が立ったら、移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)の準備です。移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)の製作業者が多くありますので、ホームページを見て、気になった業者へコンタクトを取りましょう。「自分のお店」作りですから、内装・外装ともに納得がいくまで考えましょう。中古の移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)をベースにすれば改造費用を抑えることも可能です。
なお、車両製作に取り掛かる前に、出店を予定している地域を管轄している保健所へ事前相談をして下さい。取り扱うメニューに応じた営業許可に必要な設備が無いまま車が完成しては大変です。

④ 販売場所を決める

移動販売(キッチンカー・ケータリングカー)のキモである出店場所の確保ですが、これは移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)の準備と同時並行で進めます。出店場所を確保する方法は、自身で開拓する方法と出店場所を募集している団体に登録し依頼を受ける方法の2つです。

【自身で出店場所を開拓する】

ここでは、移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)のオーナーとして、自ら出店場所をリサーチと交渉を行い、出店するまでの流れをご説明します。

1. 出店したい場所のリストアップ

インターネットを活用しつつ、気になった場所は自分の目で確かめるクセをつけましょう。長年住んだ地域であれば、土地勘を生かして見つけましょう。競合店の有無、年齢や性別、駐車場から店頭までの人の流れをチェックし、メニューに合った場所かどうかを見極めましょう。

2. 電話を掛けて商談のアポイントを取る

お店のアピールポイントを簡潔分かりやすく、また、相手にとってのメリットを伝えましょう。テレアポは断られて当たり前。一喜一憂せずに掛けてきましょう。

3. 商談で出店交渉する

商談は対等な姿勢で臨みましょう。下手に出すぎると、相手を不安にさせ信用が得られません。 また、パンフレットは必ず用意してアピールに活かしましょう。試食が用意できれば、味覚・嗅覚にも訴えることができるので尚良いです。 交渉が成立したら、実際に移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)を止める場所や搬入時間、電源の確認をしましょう。場所代の支払 い方法も、先払い・後払い、現金払い・振込みなど、様々なパターンがありますので良く確認しましょう。

4. 出店スケジュールを決める

出店する場所によって出店サイクルは異なります。平日と休日の人出に大きな差がある場所とあまり変わらない場所もありますので、手持ちの出店場所(キッチンカー・ケータリングカー)の特性を良く考えてスケジュールを組み立てましょう。


【依頼を受けて出店する】

ここでは、移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)の出店場所を斡旋している企業や団体に登録し、依頼を受けて出店するまでの流れをご説明します。

1. 出店場所を斡旋している団体を探し登録(加入)する

インターネットで「地域名・キッチンカー・出店」と検索を行い、自身が出店可能なエリアの出店実績が豊富な団体を見つけましょう。
一般的に、団体から出店場所の紹介を受けるためには事前登録が必要です。登録のためには下記の書類の他、メニューや移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)の写真を求められることが多いです。

【提出を求められることが多い書類】
(1)PL保険
生産物賠償責任保険のこと。万が一に備えて加入は必須です。
◆PL保険について(参考)https://hoken-kyokasho.com/pl-insurance

(2)食品衛生責任者の受講証明書
飲食店には必ず一名設置することが法令で義務付けられています。各都道府県等の食品衛生協会が開催する講習会に参加しましょう。

(3)車検証・営業許可書
車検証と営業許可書は、移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)が完成しないと取得できません。
いつ頃に提出できるかを伝え、取得後直ちに提出しましょう。

2. 出店募集案件をチェックしエントリーする

団体のWEBサイトやメール等で出店募集の情報を入手します。
日程、出店エリア、メニュー、出店料などの出店条件がマッチする案件であれば積極的にエントリーしましょう。出店が確定したら食材の調達、販促物の準備などに取り掛かりましょう。

3. 出店日当日

団体が出店募集している案件の中には、搬入方法や時間、店舗オペレーションに関してのルールが細かく設定されている案件も数多くあります。複数店舗が出店する場所では、ルールを守り、他業者への配慮も忘れずに営業することを心掛けましょう。良い実績を積み上げることで団体や他業者より優先的に案件を紹介してもらえることにも繋がります。

⑤ 保健所申請とその他の準備

車両が完成したら、所轄の保健所で営業許可を取得しましょう。
基本的な流れは、事前相談→書類作成→窓口で申請・車両設備の検査→許可書交付となります。許可証は1〜2週間で出来上がります。 無事に許可が下りたら、いよいよ開業です。

【その他の準備するもの】

1. 材料の仕入れルートの確保する

価格面も大事ですが、急な注文にも対応してくれるような業者がベスト

2. 在庫管理の場所と設備を用意する

自宅での保管が基本ですが、プライベートと仕事のものは混同しないように、専用のスペースや設備を用意しましょう。

3. ガスボンベとガスの充填業者を探す(加熱調理をする場合)

移動販売車(キッチンカー・ケータリングカー)の調理機器はプロパンガスを使うものがほとんどです。街のガス屋さんから見つけましょう。ガスボンベは普段必要な分は購入しておき、年末年始などの大型連休や緊急時にはレンタルすることで対応しましょう。

4. 横断幕・ポスター・のぼり・プライスカードなどの販促物を用意する

遠目に目立つ横断幕やのぼりは大型イベントの出店には欠かせません。一方、カウンター周りのプライスカードやメニュー表には、メッセージを入れてアピールすることが大切です。

5. 税務署へ個人事業開始の届出をする

開業届(個人事業)を開業前~開業後1カ月以内に税務署へ提出します。申請書類についてはインターネットから取得可能、最寄りの税務署でも取得できます。
毎年の確定申告は、白色申告と青色申告のどちらかで申告します。事業の規模に合わせて適切なものを選びましょう。

開業サポート Business Support

開業サポートのイメージ写真

「具体的な準備の仕方が分からないし独りは不安」
「販売場所の獲得の営業に自信がない」
「繁盛する店づくりの仕組みをもっと詳しく知りたい」

移動販売で独立開業を目指す方なら、誰もが感じるこの悩み。
ご安心下さい!移動販売の開業を目指している方へ、サポートを行なっております。

  • 主催者買取型タイプのイメージ写真

    車両製作サポート

    あなたが取り扱いたいメニューに最もふさわしい移動販売車両の製作をサポート。保健所の規準を満たした安全安心の車両設計、デザイン、製作代行を承ります。
  • 主催者買取型タイプのイメージ写真

    立地開発営業サポート

    メニューにマッチした販売場所選びの考え方、販売戦略の立案、実践的な交渉術まで、営業未経験の方でも分かりやすく交渉のコツを伝授いたします。
  • 主催者買取型タイプのイメージ写真

    販売促進サポート

    集客力があがる店舗設計をアドバイス、販促物のデザイン制作も行います。

その他、開業までに向けての各種ご相談

開業までの流れ

  • 無料相談のイラスト
    無料相談
  • コンサルティングのイラスト
    コンサルティング
  • 開業のイラスト

    開業

お問い合わせ Contact

LET’s移動販売の運営やシステムに関するお問い合わせは下記のフォームよりお問い合わせください。

  • お問い合わせに対しては速やかな対応を心がけておりますが、内容によってはお時間をいただく場合がございます。
  • 携帯電話の設定で受信制限を行っている場合、こちらからの返信が届かないことがあります。返信はパソコンのメールで行いますので、パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを記載願います。

氏名必須
メールアドレス必須
電話番号必須
住所
お問い合わせ内容

  • メルマガ登録
トップに戻る